SIer求人ランキング【※エンジニアのための転職サイト】

TOP >> SIer企業の分類 >> ユーザー系SIerの求人

ユーザー系SIerの求人

ユーザー系SIerとは銀行や損保、商社などのあらゆる会社のシステム部だった企業のことです。元々の親会社以外の仕事の発展は少ないものの、主に親会社からの受注により仕事量は安定しておりシステム開発に関しても上流工程での業務に携わることができます。ただし親会社の場合の新卒採用は情報処理系の大学を卒業した大卒、専門学校卒業生のみの採用となるので、高い技術力が求められることが分かります。メーカー系とは異なり、入社して数年間はプログラマーで経験を積むなどするため、はじめからエンジニア職としての入社は厳しいようです。

ユーザー系SIerは「金融ユーザーSIer」「製造ユーザー系SIer」「商社ユーザー系SIer」「その他ユーザー系SIer」の4つに分類されます。それぞれの求人の人気企業ランキングは以下の通りです。

◎金融ユーザー系SIer
1位.東京海上日動システムズ
2位.三菱UFJインフォメーションテクノロジー
3位.ニッセイ情報テクノロジー

◎製造ユーザー系SIer
1位.新日鉄ソリューションズ
2位.ソニーグローバルソリューションズ
3位トヨタコミュニケーションシステム

◎商社ユーザー系SIer
1位.伊藤忠テクノソリューションズ
2位.住商情報システム
3位.アイ・ティ・フロンティア

◎その他ユーザー系SIer
1位.電通国際情報サービス
2位.ジェイアール東日本情報システム
3位.全日空システム企画

新卒者や転職者が求人を選ぶ時に押さえているポイントは、受注先が100%親会社に依存をしていないかです。仕事量の安定には繋がりますが、完全に依存している状態だと景気に左右されやすく不景気になった途端にリストラされるケースも多くみられます。そのため親会社だけではなく他の企業から受注が分散しているかを見ておく必要があるでしょう。求人の層としては、中堅のエンジニアでも新卒者でも積極的に採用を行っているようです。会社によっては即戦力を必要としているので、エンジニア経験があると有利に転職ができるでしょう。

ユーザー系SIerの求人を探している方は、業界専門の無料転職支援サービス「ワークポート」の利用をおすすめします。SIerは求人情報誌やハローワークでも募集を行っていますが、支援する方が専門の方ではないため疑問点などの解決がしにくいです。IT専用の転職サービスでは、IT分野を細かく分けたジャンルごとの説明会や、大手IT企業の競争を勝ち抜くための秘密を掲載するなどエンジニアの転職の味方です。登録や利用に費用は一切かからないので、是非利用してみてはどうでしょうか。

>> SIerへのエンジニア転職なら!TOPページで人気ランキングをチェック!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SIer求人ランキング【※エンジニアのための転職サイト】 All Rights Reserved.