SIer求人ランキング【※エンジニアのための転職サイト】

TOP >> 条件別の求人を探す >> 客先常駐なしのSIerへ転職

客先常駐なしのSIerへ転職

SE等の技術職に多く見られる客先常駐ですが、企業から扱いや仕事のし辛さからあまり良く捉えられていません。受注をした顧客先に在住し業務をこなしていきますが、少数での客先常駐の場合は正社員でも派遣社員と同じ扱いを受けたり有給を取りづらくなったりなどのデメリットが挙げられます。そのためSIer企業に転職を希望しているエンジニアの方なども、求人の条件として客先常駐なしを提示する方が多いようです。近年ではSIerの求人が増えているため、条件も比較的選びやすくなっています。SIer企業は他のIT企業に比べると客先常駐が多いことで知られていますが、客先常駐なしの求人も数多く存在しているのでいかに良い条件で企業選びが出来るかがポイントになるでしょう。

常駐しないSIerは新規開発を行わない企業が多いです。そのため2次請け3次請けをメインに受注しているSIerは客先常駐なしの求人が多く見受けられます。逆に言うと、1次請けをメイン扱っている企業は取引先との打ち合わせなどが多くなるので、常駐ありの求人が出される傾向にあるようです。2次請け3次請けとなると1次請けに比べて年収が若干低めになります。しかし例え年収が高くても自分に合わない働きかたを続けるのは困難なので、年収よりもどれだけ自分が働きやすい環境であるかを重要視して企業選びを行うと良いでしょう。

またSI企業の上手な選び方として、まず商品・提案に関して信頼があるかを確認することです。導入企業事例を見せてもらうことや、関連業者から直接製品の評判を聞くことで信頼を確認することができます。次に各企業のセミナーやイベントに参加して、特化している技術や事業を確認することです。例えば同じ独立系のSIer企業でも、自社開発を行っている企業とそうでない企業があります。事業が異なると業務も大きく異なるため、出来るだけ詳しい説明をしてもらえる企業イベントに参加すると良いでしょう。

客先常駐なしのSIerへ転職を希望している方は、SIerの求人を豊富に取りそろえている転職エージェントを利用することで条件に合った企業を見つけることができます。元々SIer企業は常駐が多い企業なので多くの求人を扱っていないとなかなか好条件を見つけることが出来ないのです。利用者数が多く実績があるオススメ転職エージェントには「レバレジーズテック」や「マイナビエージェント×IT」があります。どの転職エージェントよりもIT業界に特化しているので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

>> SIerへのエンジニア転職なら!TOPページで人気ランキングをチェック!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SIer求人ランキング【※エンジニアのための転職サイト】 All Rights Reserved.