SIer求人ランキング【※エンジニアのための転職サイト】

TOP >> 条件別の求人を探す >> コンサル職でSIerへ転職

コンサル職でSIerへ転職

コンサル職は主にコンサルタント業務が中心になります。顧客が抱えた問題に対して、「仮説ベース」で提案していく方法を取ります。SIerはシステムの開発や運用、保守・管理などシステム導入に関する全般の業務です。こちらは顧客が抱えた課題や問題に対し、「技術で固める」方法を取るため仕事としては全く別物です。世間ではコンサル職とSIerが似て捉えられることが多いのですが、仕事としては別物なので転職の際にはいくらか壁があるでしょう。もちろん決してなれないわけではありません。近年ではエンジニア不足により未経験でもSIerの採用が急増しています。SIerがIT業界なので経営とのギャップがありますが、経営コンサルで身に付けた知識や技術は、ITコンサルでも十分役に立つものなので、転職の際にはそれが強みになることもあります。

コンサル職からSI企業に転職する場合は大手企業のITコンサルタントがおすすめです。キャリアアップはもちろんですが、大手企業の場合景気に左右されにくい「安定」があるからです。はじめてSIerに転職を考えているコンサル職の方は、まずメーカー系にするか、独立系にするかなどの選択があると思います。独立系は仕事に自由性があるものの、景気に左右されやすい傾向があります。そのため大手企業が多いメーカー系やユーザー系のSIerがおすすめです。またシステム導入の上流工程の仕事に携われることで、仕事へのやりがいも出てくると思います。

企業にもよりますが、コンサル職に比べてSIerは作業が過酷になることも多いかもしれません。残業も比較的多く仕事としては大変体力を必要としますが、メーカー系やユーザー系などの大手企業では福利厚生が充実しているため様々な手当が付与されます。また大手になると収入も増え、大規模なプロジェクトに関わることも多くなります。そのため仕事にやりがいを感じ日々SIerとしてのスキルが磨かれていくでしょう。SIerで養われた技術や知識はエンジニアやコンサルタント、プログラマーなど様々な職種で役に立ちますので経験があると転職にも大変有利になります。

コンサル職からSIerに転職したいと考えている方におすすめなのが「ワークポート」です。ワークポートではIT業界の様々な分野の専門コンサルタントが存在し、より的確な求人の提供と就職支援をしてくれます。元コンサルタントの方やエンジニアの方が多くサイトに登録しており、転職実績も豊富です。登録は無料なので、試してみると良いでしょう。

>> SIerへのエンジニア転職なら!TOPページで人気ランキングをチェック!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SIer求人ランキング【※エンジニアのための転職サイト】 All Rights Reserved.