SIer求人ランキング【※エンジニアのための転職サイト】

TOP >> 条件別の求人を探す >> 営業職でSIerへ転職

営業職でSIerへ転職

SI企業の営業職に転職するには、営業の知識はもちろんエンジニアとしてのスキルを求められることが多くなります。仮に今まで人事の営業職についていたとしても、ほとんどの方はITの専門知識を持っていません。SIで営業を行うということは顧客とITのことに関して同等またはそれ以上の知識とノウハウを必要とすることが必須になり、その知識やノウハウなしでは仕事を取ることもままならないでしょう。そのためエンジニアやプログラマーを経験している方はシステム開発から保守。管理までの幅広い知識を持っている方が多いので就職までがかなり有利になります。企業によっては必ずしも必要条件としている訳ではありませんが、特に中途採用の場合は入職して即戦力になるような人材を優遇していることが殆どです。

現在SI企業で働いている営業職の方の多くは元エンジニアです。しかしエンジニアとしての知識は豊富ですが営業としての基本が欠けていることも多くあるため、それらの欠点をいかに埋めることが出来るかが重宝されるカギとなります。逆に元々営業職の方の場合は、システムに関しての知識がないと言っても過言ではないので日々の勉強が必要になります。通常営業で行うヒアリングの基本には「Bajet(予算)」「Ausolity(決裁者)」「Needs(要件)」「Timing(時期)」の頭文字を取って“BANT”と呼ばれるものを必須としています。しかしSI企業のヒアリングではどうしてもNの要件に偏ってしまう傾向があるのです。

また中には営業職からいきなりSIerになる方もいます。SIerは必ずしも経験が必要な訳ではありませんので、100%無理ではありません。しかし上記のようにシステムの知識がないとなかなか難しいとされています。中途採用ではあまり見かけませんが、新卒では経験を問わずSIerの求人があるので一度IT専門の転職サイトなどで確認を取ってみると良いでしょう。中途で未経験者採用があったとしても、入職前にはシステム全般の勉強をしておくことをおすすめします。

営業職からSIerに転職を希望している方は、未経験者の募集も多く行っているIT専門の就職・転職サイトがおすすめです。特に人気が高いサイトは「ワークポート」や「レバレジーズテック」などのIT分野に特化したキャリアコンサルタントがいるサイトです。そのため要望に応えてくれやすく、IT業界に足を踏み入れたことがない方でも業種ごとの説明を詳しく行ってくれます。登録は数分で完了するので、気軽に試してみることができます。

>> SIerへのエンジニア転職なら!TOPページで人気ランキングをチェック!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SIer求人ランキング【※エンジニアのための転職サイト】 All Rights Reserved.